スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第44回 留年する奴が計算できるわけないじゃない

ま、たまにはこんな文もいいよね



見知らぬ人が集まった状態というのは、いわゆる縄文時代の社会だ
特に上下関係もなく皆が横一線の状態
だが、それも少し時間が経つと弥生時代の村社会となり
村長とその他村人のように役割が別れる
現代でも10人以上の集団ができれば大抵まとめ役が出てくる
要はこのまとめ役になれれば自分の自由に動けるようになり、次のステップにも進めやすい

ではまずは、そのまとめ役になるにはどうすればいいか
一番手っ取り早いのは、その集団で最も能力があることだ
部活の部長とかなんか、大抵強いだろ
最強とは限らないかもしれないが、それでもかなり上の方のはずだ
自分より下な奴にリーダーを任せることに抵抗をもつやつは少なくないからな
リーダーの器には様々な条件があるが、少なくとも人柄だけで決めるのは間違っている
優しいだけでモテる昔のギャルゲー並に的外れな考えだ
・・・ここからリーダー論に発展させて書いちゃってもいいんだが、今回のテーマじゃないのでいずれまた

今回のように、あまり時間もなく さらに目立った能力もないし、気の利いた面白いこということもできない場合どうやってまとめ役になるのか
俺の答えは 目立てばいい だ
今回なら一次会でいろんな人に声をかけて覚えてもらい、少なくとも動いた時に「誰こいつ?」とつっこまれない程度にしておく
俺だったら飲酒パフォーマンスで印象付けて、とりあえず目立つ、そして覚えさせる
更に写真係で目立つ しかも自然に
また、これは高校でも使ったテクニックだが 奇抜で覚えやすいあだ名をつけてもらう
高校のときは“ジャスミン”だもんな あれは便利だった
とまぁこれくらいやれば多少でしゃばっても免罪符的な役割は果たしてくれるようになるとは思う

で、いよいよ二次会の奢りだが
まずは確認だ
今回の最終目標は今後の主導権を持ちつつ、不可避の数人を除いて誰からも怨まれず、むしろ感謝され、役員からも気に入られ、入社まで円滑な人間関係を築く
これで円滑といえるのかと言われそうだけどw

奢ることの効果は前回書いたから置いておくとして、同期に奢る場合の注意点
一番大事なのは、それが習慣化しないこと
おごることが普通になると、まさに財布の関係
金の切れ目が縁の切れ目となるからな
あくまで今回だけっていうの理解してもらう必要がある
それから自然であること
先輩後輩とかならまだしも、対等関係の相手に奢られるとか普通だったら違和感ありまくりだろう
奢られる方だって基本はストレスを感じるんだ それをどれだけ除去できるかが大切である

自然であることって書いたけど、言い換えるとそれなら仕方ないと思わせること
相手を納得させることがこういうときは大事だ
まぁ万人を納得させるのなんて難しいから、更に付け加えると納得できなくても反論、代案が出せないようにする

それらを踏まえて俺が言った言葉が
「え~二次会は飲み放題で一人1000円もらいます。食い物に関しては金の回収がややこしくなるので全額俺が出します。ただし2万円までなw」
結構普通でしょwシンプルな方がわかりやすいからな 何度か飲み会経験したことある人ならコースじゃない会計のめんどくささはわかるだろうし さらに2万と指定したのは抑制効果のほかに、ただの不気味な聖人君子じゃないってことのアピール(いくらでも出すとかだと嫌味な金持ちキャラだしなw)
ただ、当然俺が払うことに抵抗がある人もまだいるさ 金回収が面倒なのはわかるけど何で俺なのか
たしかに幹事はゆーじだが、それでも一人だけ二万は多すぎる、と
だからそれに対して、
「まぁこれで名前が売れれば2万円なんて安いもんだよwそれに留年して暇だからバイトも結構やって金銭的に余裕あるし、先のこと考えたら安い投資さw」
また、全体には
「ただ、一つ俺のわがままを聞いてくれ 全体写真取りたいから協力よろしく!」

くだらないことかもしれないが、ただ奢ることだけされると不気味で不安になるけれど
こんなくだらないことでも交換のような形式をとるだけで安心する人は少なくない
この台詞にたいしてノリのいい奴が合わせてくれ、場全体が安心感に包まれる
ここまでくれば俺の奢りに疑問を持つ人はほとんどいなくなり、みんなのためにお金を出したゆーじという記憶が残る




・・・とまぁここまでは表のお話 こっから下は更に黒い話なので閲覧注意
俺のイメージ更に悪くなるよwww














実は全体に奢ったのは、ただ単に奢りの効果を使いたかったからではない
たしかに、一人当たり1000円もかけないでこれくらいの効果が出せるだけでも大きいのだが
真の目的は同期の性格を分析するために2万円を出した

この後の周りの行動にはいくつかのパターンがあるんだが

一番好印象なのが、あれだけパフォーマンスしてもまだ俺の懐のことを心配してくれて、俺も出すよといってくれる人
上司との飲みでも必ず財布から金を出そうとするタイプだな
たとえ奢られるとしても、それが当たり前と思わない姿勢は大事だと思う
なかなかいないもんだが、今回は2人いたよ たぶん長い付き合いの友になると思う

次に好印象なのが、しっかりとお礼を言う人
上司との飲みできちんとお礼がいえるタイプの人だな
その場でお礼を言う人は多いけれど、その後もう一度メールでお礼を言える人はわかっていると思う
このポジションは女の子が多いよね 大学でもバイトでもそうだったかな

んで、こっからは俺オリジナルなんだが
数日後俺は写真とかの連絡のときに「たくさんのお礼のメールありがとうございました」と付け加えるんだ
これは一見お礼のメールをくれた約半数宛てへのメッセージに見えるが
実際は送ってこなかった人への催促のメールでもある
皆こういう風にお礼メール送っているのに何もいわないの?と
日本人って少数派になることを嫌がる人が多いからね
慌ててお礼のメールを送る人がちらほら
ま~さすがにこれはいかがなものかと自分でも悩んだけど 文面だけならただのお礼だからいいかと通したさ

んでそれらにもかかわらず音沙汰ない人が5,6人
俺が憎いか、メール嫌いか、そういうコミュが苦手か 大抵こういう人に絞られてくる
そしてそれらを振り分ける次のメールが返信を求めるアンケートメール
「企業からもらった自己紹介シートに出身地や今住んでいるところ、希望部署などの情報がなかったので全員のをまとめてほしいと要望があったのですが、俺自身もあったほうがいいなと思いました。もしよければ以下のテンプレのように書いて教えてください。もちろん個人情報なので任意です。」
のような内容のメールを送信
これの反応でまた分類できるかな

そして最終ステップはこれですら返してこない奴に対してタイマンで話す
一番仲良くなれるのは一番最初にあげた人だが、二番目に仲良くなれるのはここでも返信しない人
一見疑問に思うかもしれないが、こう出会ってすぐなのに表面を繕わずに露骨に無視してくれる人って素直で俺は好きだよw
徐々に嫌いになられるんじゃなくて、初っ端から嫌いになってくれる人は自分と違うタイプってことで色々勉強になるし得るものも大きい
そっから色んな意見をぶつけ合える関係になったってこともあるし
馴れ合いだけが友情じゃないってことだな

こういう舞台裏を見てるとゆーじうぜぇとなるのは必然だけど、実際表側からはそんなの見えない自信はある
本来こんなもんブログにすら書かない方がいいんだけどな
上みたいなこと考えているとどこかで吐露しないと心のバランスが崩れちゃうんよ
リア友に吐くこともあるけれど、皆色んな意味でタイミング的に厳しいこともあるんだよね
ちなみに付き合い長いリア友ならこういうのは基本笑い飛ばす もう色々なれてるからな俺のこういうの


もちろん、ここに書いてあることは氷山の一角
考えすぎで人間関係楽しいの?という疑問にお答えすると
こういう変態思想を見ても引かない人と普段は仲良くしているから疲れはしない
誰とでも仲良くなれるほど俺は器用じゃないし、それができるなら今頃リア充になっているって
まぁすでにここに書いたことは考えなくてもできるくらい普通のことになってしまっているが
正直こういうことをしなくても誰とでも仲良くできる人オーラのある人がものすごくうらやましい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。