スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第42回 45~60歳の上司にモテる方法

久しぶりに更新
8月2日に内定者懇談会行ってきたけど、自分の戦略について振り返ってみた

女の子にはもてなくても~中学の頃から45~60歳のおっさん、じーさんにはモテモテさ~
あー決してそっちの趣味はないから
ただ、もはや呼吸をするように自然と無意識に好かれるための行動ができちゃうあたり嘆きたくもなるんよ
中学のときからだもんな・・・


長くなりすぎて翌日に書く予定の後編に続く
あとは同期の掌握の仕方とか 贔屓されてもゆーじなら仕方ないと言わせる方法とか




おっさんに気に入られる方法は簡単だ 第二の息子のように振舞えばいい
45~60歳の男っていうのは家庭での居場所があまりない人が多い
家族と会話する機会は少なく、子供と話さなくなったり、一人暮らしをしていて離れていたり
仕事に熱心な人ほどその傾向は強い
そんなおっさん達が求めるのが現在の息子くらいの歳でいて、かつての子供たちのように自分を尊敬してくれる存在
まぁいわゆる自分にとって心地のよい息子だな

おっさんだって夢を見たいんよ で、心地のよい息子ならかわいがりたくもなるよな
公私を混同する人はそんな居ないと思うかもしれないけれど、
先生なんて仕事を5年もしてれば贔屓がなくなるわけないってわかるよ


んで早速そうなるための方法
鉄則は接触回数を増やす 当然同期の誰よりも多く
たとえば今回の内定者懇談会なら、1時間30分という短時間に役員5人に対して一人4~8回は接触
問題は時間じゃなくて回数 ここ大事

話を切り上げるタイミングは物足りないと思っているときが望ましい
なぜなら、また話したいと相手に思わせることが容易にできるから
これと同じ理由なのが1つ

もう一つは、何度も会った方が一度長時間会うより印象に残りやすいから
複数のシチュエーションの色々なシーンで同じ人がいるイメージをすればわかりやすいと思う
Aさんと話しているときも、Bさんグループと話しているときも、C&Dさんと話しているときも、一人で飲んでいるときもZさんはいたって考えてください
ま、当然ストーカーとの境目は大事だよ ただ、色んなシチュエーションで会った方が印象に残りやすいでしょ
ちょっと接触して3分くらい話に絡んで次に移動 だいたいこんな感じ

んじゃ次に接触の仕方 当然ストーカーと思われないようにする工夫が大事
わざとらしさが出ると警戒されるし、明らかなゴマすりに見えるからな
自然体で近づくからこそ効果的

鉄板ネタ
シーン1 開始前
「今日はよろしくお願いします」
「M大のゆーじです」
最初の接触はよろしく+自己紹介
会場見てて思ったんだが、開始前に役員放置してる新卒の多いこと多いこと
まぁそりゃ普通の人は20以上離れている相手の会話とかできればしたくないのかなぁと

シーン2 乾杯の準備
「あ、私が注ぎますから」
「男の俺ですみません、女の子だったらよかったんですけどね~w」
部下が注ぐまで待つ上司っていうのはあまりいない 大抵自分で注ごうとするんだよな
それを遮って注ぐまでが王道 最初からビンを確保するんじゃなくて、上司から受け取るのが大事
ついでに言うと、その後上司からお酒を注いでもらうとなおよし
後半はわかりにくいかもしれないが、たとえば中学の掃除当番とかでさ
A「大会近くて部活に早く行きたいんでしょ だから掃除をあんたの代わりにやっておいたから///」
B「大会近くて部活に早く行きたいんでしょ だから掃除をあんたの代わりにやってあげるから///」
C「大会近くて部活に早く行きたいんでしょ だから掃除を私も手伝ってあげるから///」
どれが萌えるよ?
Bがありがたいはずなんだけど、印象はCの方がいい場合が多いんだよね
心理学的には、同じ作業を協力するとそれだけ仲良くなれる 
また、Bだとお願いする場合罪悪感みたいな心的負担が働くが、Cなら気軽に善意を受けられる
Aはそもそも勝手にやられたって嫌悪感すら抱く場合がある(見返り何か要求するんじゃね とか)

ついでに言うと、近くに女の子がいる場合は女の子に注いでもらおう
その後に上司が注ごうとしたら、「いや~僕も女の子に注いでもらいたいですw」とか冗談を言うとおっさんには大抵受ける 今のところ成功率100%

シーン3 写真
カメラを持っていくと、それを大義名分に色々なテーブルに簡単にまわれてフットワークが軽くなる
「写真撮りたいんでお願いします」
とか言っちゃったり、その撮った写真を話のネタにしたり、また後日同期に話しかけるネタにも使える
そして回数を稼ぎたいおっさん相手なら、相手が移動したのを見計らって自分も時間をずらしてテーブル移動
「またお前か」とか言われたらしめたもので、
「ここのテーブルまだ写真とってないんですよね」とか言っておくと違和感もあまりなし
たまに進路を予測して先回りってのも戦略の一つ

そして、カメラネタだと高度なテクニックとしておっさんに写真を撮らせるって方法がある
当然向こうが申し出ることが前提だが、一度断って二度目にまた言ってきたらお願いする
お願い事をするって言うのは、ある意味相手への信頼を表す行為であり、
実はお願いされた側も悪い気はしないどころか更にお願いしてきた人を気に入るなんて効果もある
撮ってもらった後はお礼とついでに「普段写真撮影とかされるんですか」などと趣味の話にもっていったりもできる
また、派生ネタだとこういうときに黒子役に徹する若手人事を使ったりとかそういう絡み方も可能

シーン4 コップ空
ビールの入っているコップが空だったらすかさず入れに行く
ゼミでもここでもそうだったが、上司のコップが空なの放置してるやつ多すぎだろ
あげく上司が何も飲んでいないのに自分だけ飲んじゃうとか見えてなさすぎ
そういう体育会のノリは~とか思う人もいるけれど、相手はおっさんだ
今以上に年功序列が厳しい時代を生きていたわけだし、何よりしてもらった方がうれしいだろjk
最初の一杯だけ気を使われて後放置が横行しているからこそ、中盤の空コップのビール注ぎは効果が高い
気の利く新卒という称号を欲しいままゲットできる
シーン2とネタが被るが、両脇男で「両手に枯れ木ですみませんw」と言った同期はなかなかできると思った
その返しで「研究所は男だらけだから慣れてるよw」ときた上司も流石だ こういった自虐ギャグは世代を超えて安定してるから安心できる

シーン5 一人
おっさんが一人のときはスーパーチャンスタイム
ほらさ、皆がわいわい話している立食パーティーで一人ぽつんと立っているおっさんを想像して欲しい
基本新卒は絡まないからな 自分から行かないと絡みがない
ただ自分が行くと周りが気を使うからと遠慮してしまうおっさんを想像するがいい
そんなときに新卒の方から絡みに来たらどうだ
そりゃもう多少は贔屓したくもなるよなwしかもそれが何度も自分に声をかけた奴だった
もう確定でしょwww
一人になることなんてないだろとか思っているそこのあなた 教授とかでもいいからよく観察するといい
結構孤独なもんだぜw
別パターンで、おっさんがおっさん同士で固まってしまうパターン
この場合も凸安定
「せっかくの機会なんで」とか「一通り新卒見てどうですか?」などその日の感想とか聞くと
よくぞ聴いてくれたみたいに話す人とか色々いる
ちなみに、ここの会話は少し長めが吉 もう話せる時間も少ないだろうし

シーン6 帰り
帰りは一人一人に挨拶
「本日はありがとうございました」と言った後、今日の感想や今後また会ったらよろしくなど言って締め
終わりまできちっとしているという印象を持たせて最後にもう一度好感度を上げる


ちなみに、全編通じて大事なのが 礼儀に関しては相手にリスペクト精神が伝わるようにしつつも比較的ラフな感じで 大事なのは言葉じゃなくて心です
会話はNOは使わないこと、ただしYESも使いすぎないこと
たとえば、おっさんが「aはbである」といった話をしたとしよう これに対し、
「そうですね」「そうなんですか」といった返事は下策も下策 話を聞いていないのと同じような印象だ
賛成の場合は「教授や親父からも言われたことがあります」や感想など自分の色(考え、体験)を入れるように返す
反対の場合は「私はaはcだと思っていたのですが、これはダメでしょうか」などと自分の意見を言いつつ相手が正しいという姿勢を維持
偉くなると皆すぐに言うこと聞いちゃうからね 生徒見てて思うけど、俺に反論してくる生徒くらいのほうが面白いよ
おっさん相手なら敬う気持ちを忘れず、教えてもらう姿勢を崩さなければ効果的
高度テクだとわざと間違えて「つまりAはBということですか?」などという聞き方もあり
おっさんって言うのは基本教えたがりだからな 自分が優位に立っていることも再確認できるしたのしいんよ
それにさ、優秀な部下は欲しいけど、優秀すぎる部下は自分を見下しそうでいやだっていうおっさんが多いんだよね
だからその希望に答える意味でもそういう演出は効果的



・・・書くのそろそろ疲れた 続きはまた明日


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。