スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41回 論理的思考

就活から解放されたと思ったら、友人の就活手伝っている毎日
まぁ、考えたりするの好きだからいいんだけどね
俺の話を聞いて友人曰く、「お前就活をパズルゲーム感覚でやってないか」とのこと
たしかに就活はパズルの要素もあるわな
企業が求めるピースを推理して、そのピースに当てはまる手持ちのカードを探すあたり
求めるピースも完全にHPとかパンフとかから推理し、ときには自分の手持ちに合うように解釈を変えてみたり

本文は小ネタ集その1 最近色んな面白い文章を再発掘しているからネタには困らないんだよな
Q 公園のハトが減っています、数を元に戻すにはどうすればいいでしょうか?(3分)

生徒に出していた問題集の一つ
俺のポリシーとして、勉強ができるだけでなく 頭がいい生徒を育てるというものがある
頭がいい≠勉強ができるというのはほぼ全ての生徒が言うことであるが、じゃあどこが違うのかというと満足に答えられる生徒は少ない
俺の場合、勉強できるやつは答えが出せる人、頭がいいやつは考える力がある人と生徒には言っている
考える力とは、人とは違う発想や柔軟な思考だけでなく、論理的な発想、わかりやすく説明する力etcなかなか教わってすぐにどうこうできないものである
それを鍛えるためにはとにかく考える そしてそれを声に出したり文にする これに限ると思う
日本の教育じゃなかなか学べないことだけど、将来は勉強より大事だからな
少なくとも自分の生徒には考えることのできる人間になってほしい

で、先ほどの質問の話に戻るが
たいていはハトを別の場所から連れてくる、餌を撒く、近所の子供がハトを虐めないように看板を立てるetcといくつかの案が出てくる
ただ、これらは全て中学レベルならおkだが やはり平凡であるといわざるを得ない
俺が求める解答は「ハトが減った原因を調べる」だ
ハトが減っているが、上の文章ではなんで減ったのかがまだわからない 大まかに分けても、育ったハトが減っているから数が少なくなっているのか、新しいハトが生まれてこないから減ってくるのかに分かれるしそこから更に細分かもできる
この解答にたどり着けた生徒は数名いたが、やはり皆優秀だ
問題があってそれを解決する場合、まずやらなければいけないのは、問題の原因の究明、そして適切な処置の分析
これが論理的な思考といわれるものの第一歩であるが、この考え方ができるとできないでは大きく変わってくる
勉強にしても、解答根拠がきちんと論理的に説明できれば正答率はガンガン上がるし なにかを説明する時も論理的にわかりやすく説明することができる
人とは違う独創的な発想だって、1%弱の変人を除けば基本はこの論理的な思考でつながっている

会話によって生徒自身が考える機会をたくさん作り出し だけど生徒は苦痛に感じるのではなく楽しめるようにする
家庭教師をやるようになって結果が出ている限り自分のやりたいように出来るようになったので、今の自分のバイトには結構満足している あとはお金の問題さえ解決できれば・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。